FC2ブログ
11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-07-03 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本

あ~あ、やっぱりセワが真っ先に…。


会長は、どうしてホテルを辞めたのか、とトンヘに聞く。
周りの人を傷つけないためだ、とトンヘは答え、
自分もアンナもジュンのことはもう忘れたし、
二人で韓国で生きていく、と言う。
ドジンは、こいつは口ばっかりで結局ジュンの周りをうろつき、
だからジュンはこいつへの想いを断ちきれないんだ、と会長に言う。
トンヘはそんなドジンには構わず、
アンナを捜さなきゃいけないから、と立ち去るのだった。


アンナとマルスンの前に現れたセワは、
さらに詳しい話を聞こうとするマルスンを遮り、
無理やりアンナと引き離そうとする。
マルスンはそれ以上話を聞くのをあきらめ、
アンナを家の近くまで送っていくことに。
二人が車を降りたところに、トンへとボンイが駆け寄ってきた。
事情を説明しようとするマルスンだったが、
それもセワが遮り、トンヘたちはそのまま家へ帰るのだった。
こんな人たちの質問にいちいち答える必要なんてないですよ、みたいなことを
セワがマルスンに言ってましたが、
そんな孫嫁の言葉を何とも思わないんですかね~?
人を見下したような発言がちょいちょい見受けられるのに、
そういうところをスルーされるとちょっと悲しい。



ソノクは、ガンジェにお金を貸してくれていた知人が
そのお金を取り立てに来るのを恐れていた。
そんなとき、料理大会の賞金1億が振り込まれたという知らせが
トンヘのもとに届き、トンヘはそのお金をキムチ工場のために使うことに。
工場の仕事も徐々に軌道に乗りつつあり、
ガンジェの家には久しぶりに心からの笑顔が溢れていた。


マルスンは、どうしてもアンナの話の続きが気になり、
もう一度会って詳しい話を聞いてみようと考える。
アンナを知っている様子だったセワに電話をかけ、
電話番号か住所を教えてほしい、と頼むが、
事情を知っておきたいセワは、自分が案内する、と言い出した。
ヘスクの家までマルスンを迎えに行ったセワは、
マルスンが持っていたドンベクの写真を見て衝撃を受ける。
その写真は、アンナの幼い頃の写真だった…。


やっぱりセワが一番に気付いちゃうのね…。
ジュンが手を尽くしてドンベクを捜しているから、
そのうちそっちにも引っかかって来るんだろうけど、
これからしばらくは、セワの妨害工作にイライラさせられるんだろうな~。
はーヤダヤダ。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。