08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-07-11 (Mon)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


自分を心配してくれるアンナとトンヘを見て、
マルスンは思わず泣いてしまう。
ドンベクが先月亡くなっていたらしいと知ったアンナは、
さめざめと泣くマルスンを抱きしめて慰めるのだった。
その後、会長が病室に戻ってきて、
ヘスクとドジンが病院に向かっていると教えてくれたため、
トンへとアンナはそそくさと病室を出ていく。
そこへ現れたジュンは、キムチ工場の仕事は大変じゃないか、
TV通販の話はどうなったのか、と心配して声をかけるが、
トンヘは相手にせず帰ってしまうのだった。


ジュンから、亡くなった人はドンベクではなかったと聞いたマルスンは、
すぐに退院する、と興奮した様子。
周りの反対を押し切って帰宅すると、
こんなときだからこそ、どんなことをしてもドンベクを捜しだす、と
今まで以上にドンベク捜しに力を注ぐ決意を固めたようで、
ヘスクとドジンは危機感を募らせていた。


ドジンとヘスクは、セワの言葉を信じることはできなかったが、
またふざけたことを…!と一笑に付すこともできなかった。
ドンベクだとされる人は別人だったという事実を知り、
セワの言うことが全て嘘だというわけでもないとわかったからだ。
そこでヘスクは、一計を投じることに。
本物を知っているという証拠を持ってきたら
離婚訴訟を取り下げてやる、と提案し、
セワを泳がせることにしたのだ。
まんまと策にハマったセワは、証拠を手にするためガンジェの家へ。
その後を、ヘスクに雇われた探偵が尾行していた。


トンへとテフンは、キムチのサンプルを持って通販TV局へ。
審査の結果、カメリアホテルもテボンキムチも
取り扱ってもらえることに決定し、
ドジンは不満げにトンヘたちを睨みつけるのだった。


セワがガンジェの家に忍び込んだとき、
アンナはマルスンからの電話を受けているところだった…。


セワ、アンナの部屋から写真を盗み出すのかしら?
あーもう早く真実が明らかにならないかな~?
ヘスクの方が先に答えに行きついちゃうんだろうな、やっぱり…。
は~ヤダヤダ。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。