08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-07-11 (Mon)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


マルスンは、お見舞いに来てくれたお礼に、と
アンナを昼食に誘う。
嬉しそうに承諾して電話を切ったアンナは、
いつの間にかセワが部屋にいることに気付いて驚く。
セワは、脅しに来たんじゃないのよ、と笑って見せ、
養女になった時に来ていた服を見せてほしい、と頼む。
しぶしぶタンスの中から服を取り出すアンナ。
セワは、少しでいいから貸して、と頼むが、
大事なものだから貸せない、と頑なに拒まれ、
思わず声を荒げてしまう。
その頃、家に戻ってきたピルジェは、
家の前で中の様子を窺っている探偵を見つけ、
アンナの身に何かあったのでは!?と急いでアンナの部屋へ。
セワは仕方なく、服を借りることをあきらめて帰るのだった。
一方、探偵からセワの行動について報告を受けたヘスクは、
一体どうしてガンジェの家へ…?と考え込んでいた。


実家に戻ったセワは、アンナの服を取って来るよう
スルニョに頼んでみることに。
事情を知らないスルニョは、どうしてまたアンナなの…?と呆れ、
他の何はできても盗みだけはできない、と断るのだった。
追い詰められたセワは、とにかく写真だけでも…と
アンナが養女になったときの写真をヘスクに届けるが、
マルスンが持っていたものかもしれないじゃないか、と信じようとしない。
セワは、確かに養女に行くときのものだ、と口を滑らせ、
ヘスクはドンベクがどこかへ養女に行ったことを知るのだった。


アンナを家の近くまで迎えに行き、
どこか食事ができるところへ向かっていたマルスンだったが、
それを知った会長から、ヘスクのことを考えてくれと電話で懇願され、
アンナとの食事をあきらめて会長とヘスクに合流することに。
残念に思いながらアンナを再び家の近所まで送っていくマルスン。
が、車から降りたとき、
アンナはガンジェの家に向かうスルニョの姿を見てしまい、
セワオンマが怖いから家に帰れない、と怯えた様子でマルスンに言う。
スルニョは、セワの頼みが頭から離れず、
仕方なくガンジェの家に来たところだったようだ。
アンナの様子を見たマルスンは、
家まで送って行ってあげるわ、と家の前まで一緒に行くことに。


同じ頃、ヘスクは会長と共に放送局に行っていた。
マルスンも含め、4人で食事をするためだ。
ところが、アナウンサーの一人がけがをした、という知らせが入り、
ジュンは二人を局長室で待たせてどこかへ。
その直後、ジュンの携帯が鳴りだした。
養護施設の院長からだった。
代わりに電話に出たヘスクは、
ドンベクの可能性がある障害児が見つかった、と報告。
知的障害児だ、と言われたヘスクは衝撃を受けるのだった…。


今までの情報を総合して、答えに辿りついてしまうんですかね…?
はぁ(*´Д`)=з
どうして、知ってほしくない人にばかり知られるのか…。
マルスンがアンナの部屋まで入ってくれると問題は解決するけど、
まぁそういう展開にはならんのでしょうな。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。