08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2011-07-13 (Wed)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


新聞を広げたアンナだったが、
ドンベクの記事を目にする前に閉じてしまった。
一方、家で新聞を読んでいたスルニョは、
その広告を見てアンナがドンベクだということに気付く。
ガンジェたちに新聞を見られてはマズイと考え、
すぐにガンジェの家に行ったスルニョは、
新聞をソノクの手から無理やり奪い取った上、
トイレに入ってアンナの歯ブラシをカバンに忍ばせる。
DNA鑑定をすべきだと考えたセワから頼まれたのだ。


ガンジェとトンヘはTV通販に出演するため、放送局へ。
控室で準備中の二人の前に現れたジュンは、
お前を信じているよ、とトンヘを激励する。
トンヘはジュンに冷たく当たろうとするが、
激励したかっただけだから、と帰って行くジュンの背中を見て
思わず涙ぐんでいた。
ガンジェは、親子というのはこういうものなんだよ、と
優しくトンヘに言うのだった。
その後、二人は緊張の初放送を迎えるが、
トンヘの臨機応変な対応もあり、
放送終了10分前にキムチは完売した。
そんなに良い放送内容には思えなかったけど…。
あれじゃあ、他のキムチと何が違うのか、
あんまり伝わって中った気がするのよね~。
カメリアホテルは名前だけで売れちゃうんだろうし、
ドジンをギャフンと言わせるためには、
もうちょっと何かウリが欲しかったな~と。
まぁ、完売したならいいけど…。



ピルジェは、アンナを連れて放送局へ行くつもりだった。
が、アンナがシャボン玉に夢中になって道に飛び出してしまい、
車に轢かれそうになったところをかばって病院に運ばれてしまう。
幸い骨などに異常はなく、入院はせず帰宅できることに。
トンヘは、いつもアンナを守ってくれるピルジェに
心から感謝するのだった。
久しぶりに、アンナさんにイラッとしてしまった…。
ピルジェにケガさせたらいかんよ!
あと、キム・ソヌ? ソンダル?
何か名前もよくわからない彼、鬱陶しそうなので、
このブログにはあまり登場させないかも…。
よほど本筋に絡んできたら別だけど、
正直、今はボンイとトンヘの恋愛はどうでもいいし。



セワはマルスンの髪の毛も手に入れ、
アンナの(ものと思われる)歯ブラシと一緒に封筒に入れた。
あとは鑑定を依頼すれば、一日もあれば結果が出るだろう、と
ヘスクに報告しに行くセワ。
その間にセワとドジンの部屋に入ったジュンは、
封筒の中身を見て疑問を持つのだった…。


セワ、どうしてそんなに不用心なんだ?
ベッドの上に無造作に置いてたりしたら、
ドジンが見る可能性がものすごく高いと思わないのか?
ジュンが部屋に入って来ることは想定外だっただろうけど、
まったく、何を考えているんだか。
けっこう危険な会話を家の中でするし。
本当に隠しておきたいんだったら、
知られたくない事実をいちいち口にするなよ。
"例の件"とか言っておけばいいところを、
"アンナがドンベクだってことは…"とかわざわざ言ってるところを見ると、
本当は歓迎すべきところなんでしょうが
(いつか誰かが盗み聞きしてくれると思うので)、
あまりにバカバカしくてイライラします。


| 笑ってトンへ | COM(2) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。