08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-24 (Sat)
『女の香り(여인의 향기)』です

ずいぶん前に先行放送された分を見ていたのですが、
記事にしていなかったので、うろ覚えのあらすじを…(^^;)


ラインツアーという旅行会社に勤めるヨンジェ(キム・ソナ)は、
部長からどれだけ嫌味を言われようとも耐え続け、
平社員として必死で働いている。
若干トラブルメーカー気味の母と二人暮らしで、
贅沢は一切せず、必死で貯金をする毎日だった。


そんなある日、ヨンジェはタクシーで事故に遭ってしまい、
連れていかれた病院で、医師となったかつての同級生ウンソクと再会。
ウンソクは検査で、ヨンジェの腫瘍を見つけてしまう。
忙しい中で何とか精密検査を受けたヨンジェは、
悪性腫瘍で余命6カ月という絶望的な診断結果を聞かされる。


その頃、ヨンジェは仕事でもろくなことがなかった。
ラインツアーの本部長カン・ジウク(イ・ドンウク)の婚約者セギョンが絡む、
とある有名人を接待する仕事で、指輪泥棒の疑いをかけられてしまったのだ。
気の強いセギョンは、ヨンジェを犯人だと決めつけ、
弁解も聞かずに思いっきりビンタを食らわせる。


そんなことも重なって、ヨンジェはもうヤケになっていた。
職場で皮肉屋の部長に辞表を叩きつけると、
今まで我慢していた分まで洋服などを買い漁り、
自分のための沖縄旅行を申し込む。
事情を何も知らない母は、娘の突然の奇行に驚くばかり。
ヨンジェは、病気のことを母に言い出すことができず、
そのまま沖縄旅行へと旅立つのだった。


沖縄で、ヨンジェは久しぶりの幸せをかみしめていた。
これでいい男がいてくれればな…。
そう思っていたヨンジェの前に、ジウクが現れた。
仕事のために、沖縄視察に来ていたのだ。
何とかお近づきになれないものか…と怪しくも後をつけまわるヨンジェ。
そんな彼女を、部下が手配したガイドだと勘違いしたジウクは、
無人島へと向かうボートにヨンジェを乗せるのだった…。


とまぁ、こんな感じだったような。
余命6カ月ということで、最後はやはり亡くなる展開だと思うんですが、
キム・ソナさんのおかげか、思っていたような暗さはないですね。
もちろん多くの涙を流すことにはなるんでしょうが、
暗いばかりのドラマではなさそうだし、すごく続きが気になるので、
続きの視聴を決めました(^^)


| 女の香り | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。