10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


ピルジェは突然の話に驚くが、つい喜んでしまう。
その姿を見て慌てたのはソノクで、
ボンイとトンヘは本気で付き合っているのに…と言ってしまう。
トンヘも、ボンイとは結婚を前提に付き合っているのだと打ち明け、
驚いた会長とマルソンは、二人のことも考えてみる、と
答えるので精いっぱいだった。
ボンイ、料理が出てくるのには間に合ったけど、
"もう二度とソヌには会わない!"って、何を今さら…って感じですよ。
もっと早い段階で言っとけよ、それ。



ドジンとソヌの計画に乗ることを決めたものの、
ヘスクはまだ揺れていた。
そんなヘスクに、人生は短いものだ、と言う会長。
人を恨んでいる時間がいかに無駄なものか、
自分の年になればわかるようになるだろう、と。
その言葉に、やっぱりここで止めよう、と決意するヘスク。
ところが、マルスンが会長に、
ヘスクをホテル経営から退かせてはどうか、と提案しているのを聞いてしまい、
やはり計画に乗ることを決めてしまうのだった。
マルスンさんの気持ちはすごくよくわかるけど、
今は発言には慎重になってほしい時なんだけどな…。
今のヘスクは、何をするかわからないよ?(´・ω・`;)



セワとドジンの離婚が成立した。
法廷から出たところでマスコミに囲まれたセワだったが、
ドジンは助けることなく立ち去ってしまう。
職場では懲戒処分になり、ついには離婚まで…。
この先どうすればいいかわからず、セワは泣き崩れるのだった。


マルスンから高級車をプレゼントされたトンヘは、
自分には高級すぎるから…と車二台に買い替え、
そのうちの一台をガンジェにプレゼントすることに。
ガンジェたちがいなければ、自分とアンナは韓国を恨みながらアメリカに帰り、
祖父母にも会えずじまいになるところだった。
それを考えれば、感謝してもしきれないトンヘだった。


銀行からの入金を確認したヘスクは、それをドジンに伝える。
いよいよ行動を開始しようとしたその時、
セワとドジンの離婚のことを知ったジュンが
社長室に飛び込んでくるのだった…。


すごく久しぶりに見たので、
自分が誰に対してどれだけイライラしていたか、
ちょっと忘れてしまっているようで、
誰を見てもすごく冷静に見られました(笑)
あぁ、ソヌとボンイに激怒してたっけ、とか、
セワって妊娠してそうだなって思ってたんだっけ、とか。
この後は一気に視聴したいな~と思ってるんですが、
また時間が無くなりそうな気もするので、
ぼちぼちマイペースでの視聴を心がけようと思います。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。