08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


ジュンは、父親として申し訳ない…とドジンに謝るが、
今さら関心を持たれたって不愉快なだけだ、と突き放されてしまう。
自分もトンヘも同じ息子だというのなら、
二人が競うことになったらどっちの味方をする?
ドジンに聞かれて言葉に詰まるジュンだった。
そりゃ、どっちとも言えないよね。
なんちゅう質問するんだよ、ドジンは(´・ω・`;)



トンヘはカメリアのキムチの問題点を改善し、
テボンとの提携によって少しずつ売り上げを回復させていた。
提携の話を聞いていなかったヘスクは激怒し、
これからはキムチ事業の全てを自分に報告するよう命じるのだった。


アンナが受けた脳の検査結果が出た。
脳の損傷は激しく、治療によって治る見込みはないらしい。
守ってあげられなくてごめんなさい…と号泣するマルスン。
だが、アンナはトンへと両親がいてくれればそれでよかった。


セワとドジンの離婚話を知った会長は、
すぐに二人を会長室へと呼び出す。
駐車場で車から降りようとしたセワは、
ドジンがソヌと何やら悪だくみをしているところを目撃。
一体何を企んでいるの…?と疑問に思うのだった。


ジュンは、今のままでは感情的な口論になるだけだ、と
しばらくヘスクと別々に暮らすことを決意。
もともとまとめてあった荷物を持って、家を出るのだった。


ドジンが中国出張から帰って来る日、
カメリアホテルに国税局の査察が入るという知らせが会長に届いた。
故意の脱税の疑いがあるらしいと聞いた会長は、
すぐに社長室へ行き、いったいどういうことだ!?とヘスクに詰め寄るのだった…。


もしかして、セワが一番最初にドジンとソヌの悪だくみに気付くのかな?
気付いたとして、どうするかしら…。
ドジンのことを本気で愛しているのなら、止める方向で動くのかな?
何をどうしようと、私がセワを許すことはないと思いますけど、
最後くらいいい働きをしてもらいたいものだわ。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。