10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


ソヌは最後までシラを切りとおし、
逃げるようにしてカメリアホテルを後にした。
そのときソヌは携帯を落とし、トンヘがそれを拾うと、
そこにドジンから電話がかかってきた。
やはりソヌとドジンはグルらしいと知ったトンヘとピルジェだったが、
誤解だった場合に溝が深くなってしまうことも考え、
とりあえず慎重に証拠を集めることにするのだった。


株主総会で事を有利に進めるためには、
個人大株主を味方につける必要がある。
そう考えたドジンは、ユジンに接触することに。
ユジンはトンヘをいまだにあきらめておらず、
経営者としての彼を支える妻になるため、カメリアの株を買い集めていたのだ。
が、ドジンからトンヘがボンイと結婚すると聞かされ、
あなたのために何をしたかも知らないで…!とトンヘを責めるのだった。
え~?
最後の最後でユジンに悪いことさせるの?
それでもトンヘの味方でいてくれないかなぁ…。



ドジンは、トンヘの結婚式の日に
ホテルをヘスクの物にしてしまおうと目論んでいた。
そうとは知らず、トンヘはボンイのドレス選びに同行し、
ウェディングドレス姿のボンイに見とれていた…。


あ~あ、まったく(´・ω・`;)
今それどころじゃないっての!
いくらドラマだからって、ちょっと危機感なさすぎなんじゃないの~?
もうトンヘ応援する気なくなってきた…。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。