10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


ヘスクに会いに家に戻ったジュンは、
自分も最低な父親だが、ヘスクはもっと最低な母親だ、という。
息子が道を踏み外しそうになったら、止めてやるのが親じゃないのか?
そう言われ、ヘスクは泣きながら家を飛び出す。
危険を感じたジュンは後を追い、
車で暴走するヘスクをとことん追跡。
ようやく路肩に車を停めたところで駆け寄ると、
このまま会長の意識が戻らなかったらどうしよう…と
ヘスクはジュンにすがりついて泣くのだった。


トンへとテフンが中国へと旅立つと、
ドジンは改めて現場関係者に連絡を入れ、
工事について何一つ他言しないよう念を押す。
が、二人は工事が途中で止まっていることを突き止め、
資金難のためにそうなっていると確信して帰国するのだった。


トンヘのために何かしたいボンイは、
株主リストを見て、総会までに何とか味方を作ろうとする。
手始めにユジンに会ったボンイだったが、
トンヘのために何でもできると言うんだったら、
彼と別れてみせてよ、と言われてしまうのだった。


一方、ドジンは汚い手を使って株主たちを味方につけていた。
が、もう止めなさい、とヘスクから突然言われ、
驚きを隠せないドジンだった…。


なるほど、ヘスクが先に手を引くわけか。
でもドジンは引かないだろうなぁ。
自分ひとりで暴走しそう。
セワとの関係も今後どうなるかまだわからないけど、
結局は復縁、そしてトンヘたちとも和解して終わり、
ってことになるのかな…。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。