10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


社長室に、投資家たちがなだれ込んできた。
工事が中断していると聞いて、資金を回収しに来たようだ。
社長とドジンが説得を試みるも、投資家たちは聞く耳を持たない。
トンヘは、会長が投資家たちの趣味などを書き込んだ
大切な手帳から得た情報をもとに彼らを説得し、
3日間で事態が改善されなければ、その時は自由にしてください、と言う。
投資家たちは、とりあえず3日は待つことを約束してくれるのだった。


ピルジェに捕まったソヌだったが、
どうしても資金の行方を話そうとはしなかった。
トンヘは、ソヌのことを信じて待つ、と言うが、
ソヌは何も言わずに立ち去るのだった。


ユジンは、身を引くかどうか考えたか?とボンイに聞く。
最近の激務で鼻血まで出していたトンヘの姿を想うと、
本当に身を引いたらトンヘの味方になってくれる?と
思わずユジンに聞いてしまうのだった。


セワは、会長から預かった鍵が入っていた封筒を見て、
あの鍵がチョヌン銀行の貸し金庫の鍵なのではないかと推測。
トンヘに会ってそのことを話し、
鍵は恐らくドジンが持っていると言うセワ。
そこへドジンから電話がかかってきた。
鍵は何かの封筒に入ったりしていなかったか?
そう聞かれてトンへと見つめ合うセワだった…。


もうここまできたら、最後まで一気に見ちゃえ~!

| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。