10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


セワはドジンの質問には答えなかったが、
ドジンが鍵を持っていることを確信。
すぐにトンへと共にカメリアホテルへ行くが、
ドジンはシラを切ってチョヌン銀行へ。
が、貸金庫を開けられるのは本人か代理人だけらしく、
ドジンは途方に暮れてしまう。
そこへ、後を追ってきたトンへと、
銀行に融資を頼みに来ていたヘスクが通りかかり、
二人はドジンが鍵を持っていることを知るのだった。
なんか、セワが急にしおらしくなっちゃってビックリ。
子供を産んで一人で育てると決めてから、
急に大人になったのかしら…。
今まで、本当に利己的な人だったのにね。



ヘスクやマルスンに話を聞いたトンヘは、
代理人はジュンなのではないかと思い当たる。
体調を崩し気味で、ちょうど会長が入院している病院を
検査のために訪れていたジュンは、
トンヘにそのことを聞かれ、自分が代理人だと認める。
すぐにジュンを連れてホテルへ行ったトンヘは、
代理人を連れてきたら渡すという約束通り、
鍵を自分に渡すように迫る。
それでも抵抗しようとするドジンだったが、
ヘスクからも鍵を渡すように言われてしまい、
仕方なくトンヘに渡す。
トンヘはジュンと共にチョヌン銀行へ行き、
貸し金庫を開けるのだった…。


で、トンへとジュンは何にあんなに驚いたのかしら?
中身はそんなに驚くべきものだったのかしら…。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。