08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


社長がトンヘに渡したのは、委任状だった。
全ての権限をトンヘに委任するという内容だ。
信じられない思いで書類に目を通すドジン。
当然、その状態では会長とトンヘの解任案が可決されるはずもなく、
総会はトンヘの勝利で終わるのだった。


一方、ソヌはテフンとピルジェに悪事の証拠となるメモリを渡し、
アメリカにいる父親に会いに帰国し、
戻ってきたらその時は自首をすると約束して立ち去る。
ボンイに、トンへと幸せになってくれ、と伝言を残して…。


メモリを受け取ったトンヘは、
ドジンに最後のチャンスを与えたい、と自首を勧めに行く。
が、どうしても受け入れられないドジンは、
ホテルを飛び出していく。
誰もに見捨てられたと感じていた彼が向かったのは、セワのところだった。
ドジンを心配して捜し回っていたセワは、
あきらめて自宅に戻った時、駐車場でドジンの車を見つける。
が、ドジンはセワを見るなり逃げるように走り去るのだった。


ついに目を覚ました会長は、何があったのかを聞き、
すぐにヘスクに会いたいと言い出した。
ちょうど中国から帰国していたヘスクは、トンヘに連れられて病室へ。
罪の意識から、うつむいたまま入って来るヘスクだった…。


散々悪事を働いてきたけど、
やっぱりトンヘもアンナも会長もマルスンも、
ヘスクを許すんでしょうね。
彼女に関しては、それもありかなぁ…と思わなくもないですが、
ドジンはなぁ…。
ジュン、なんか深刻な病気っぽいし、
それをきっかけに、キム家もまとまりを取り戻すのかね…。
なんだかなぁ…。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。