10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本


会長はヘスクを許すつもりだった。
ヘスクは、自分には許しを請う資格もないと思っていたが…。
が、マルスンはどうしてもヘスクを許す気になれなかった。
ヘスクが帰った後、会長はマルスンに、
彼女を実の娘だと思っているのなら、
娘が罪を悔いて謝っているのに許してあげないのはおかしい、と言う。
本当は彼女を許したいと思っているマルスンは、
会長の言葉にうつむくのだった。


ボンイは、ユジンとの約束を守るため、
これが最後の一日だ…と思いながらトンへと過ごしていた。
翌日、ユジンはトンへとボンイを一緒に呼び出し、
ボンイがトンヘを助けるために別れる約束をしていたことをトンヘに話す。
驚くトンヘに、実はボンイの愛を試させてもらったのだ、と言うユジン。
ボンイの愛の深さで、トンヘをあきらめるために。
実は、ユジンはボンイに"総会の後で開けるように"とプレゼントを渡していたのだが、
それはセクシーな下着だった。
最初から、トンヘを奪うつもりなどなかったのだ。
ユジンの真意を知ったボンイは、彼女に抱きついて感謝するのだった。
うんうん、ユジンはやっぱりこうでなくちゃね。
今まで、一度も足を踏み外さず引いてくれたんだから、
最後までカッコイイ女性でいてくれなきゃ。



ジュンは、すぐにでも手術をしなければ
視力どころか命をも失ってしまうかもしれない状態だった。
が、家庭のことも仕事のことも、整理しなければいけないことが山積みで、
それを整理するまでは手術を受けている場合ではなかった。
特に今は、ドジンとヘスクを支えなければ…。
そう思っていた矢先、ジュンは病院の敷地内で倒れてしまう。
たまたま通りかかったピルジェが必死で声をかけるが、意識を取り戻さない。
その頃、会長の病室にいたアンナは胸騒ぎを感じていた…。


あれ…?
ジュン、死んじゃうの?
いくらなんでもそれは…(゜ロ゜)
生きて、ヘスクとドジンのそばにいてやってほしいのですが…。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。