08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-03-25 (Sun)
『笑ってトンへ(웃어라 동해야)』です
(HP:韓国日本

この回、DVDの調子が悪くて、
最後の方は見られませんでした…(^^;)


ドジンにジュンの病気のことを知らせようとするヘスクだったが、
その前にドジンは電話を切ってしまった。
ただ、船の汽笛が聞こえたことから、海のそばにいることはわかった。
トンヘは、東海にいるに違いないと推測。
これはドジンと自分の問題だから、自分が迎えに行く、と言う。


ドジンが東海にいるらしいとボンイから聞いたセワは、
いてもたってもいられず、自分も東海へと向かう。
セワを心配したボンイもその後を追った。


ドジンは、自分を追いかけてきたトンヘに怒り、
どうしてここまで来て自分を苦しめるのか、と叫ぶ。
トンヘは、全部人のせいにするな!と言い返す。
自分だって、ドジンのせいでジュンを父と呼ぶこともできず、
本当はその胸で泣きたかったのに憎んでいるフリをしてきた。
そして、そのせいでジュンが病気になってしまったのでは、と
胸が苦しくてしょうがないのだ、と。
トンヘが初めて見せた本心に、ドジンは戸惑うのだった。


ヘスクは、手術が無事に終わったら、
愛する人のところへ行ってかまわないから、
今なら本心でそう思えるから、手術を受けてほしいとジュンに頼む。
ジュンは、ヘスクの言葉に驚くのだった。


一度は家に戻ろうとしたアンナだったが、
どうしてもジュンのことが心配で病院へ。
仕事の整理を終えたジュンは、
ヘスクと共に翌日の手術に備えているところだった。
ヘスクを怒らせてはいけないから、と病室の外でウロウロするアンナ。
それに気付いたヘスクは、ジュンはあなたを待っているから、
中へ入って手術を受けるよう言い聞かせてほしい、と頼む。


ジュンと話をして病室を出たアンナは、
ベンチで泣いているヘスクをそっと抱きしめるのだった…。


本当はここで終わりじゃないんでしょうが、
私のDVDはどうしてもここから先に進まなくて(笑)
これが最終回じゃなくて良かった!
次の回もこんな感じだったらどうしよう?
最終回くらい、楽しく見たいんだけどな~。


| 笑ってトンへ | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。