10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-05-06 (Sun)
『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~(최고의 사랑)』見終わりました


    満足度   
   おススメ度  

1話ごとのあらすじをアップしながら見ようと思ってたんですが、
面白くて止まらなかったもので…(笑)
私の大好きなコン・ヒョジンはもちろんですが、
とにかくチャ・スンウォンが可愛くてしょうがなかったです。
『シティホール』のときのチョ・グク役も大好きでしたが、
今回のトッコ・ジン役はもっと好きだったかも(^^)


ざっくりしたあらすじは↓に。


10年前、"国宝少女"という名のガールズグループの一員として
一世を風靡したク・エジョン(コン・ヒョジン)。
彼女は数々の誤解が重なり、
いまや"好感度ゼロ"タレントと成り下がっていた。
そんな落ち目の彼女が、ひょんなことから
今をときめくトップスター、トッコ・ジン(チャ・スンウォン)と知り合う。
エジョンとなんだかんだで顔を合わせている内に、
ジンはなぜか彼女に惹かれていく。
エジョンもまたどんどんジンに惹かれていく自分に気づいていたが、
落ち目の自分と付き合えばジンの人気も落ちてしまうと心配し、
必死で自分の気持ちを抑えていた。
エジョンとTV番組で共演していた漢方医ピルジュ(ユン・ゲサン)は、
芸能界とジンの気まぐれに傷つくエジョンを優しく見守ってくれていて、
エジョンはそんなピルジュの気持ちに応えようと努力をしてみたが、
やはりジンに惹かれる想いは止められなかった。
このユン・ゲサンがかなりよかったですね~(^^)
ひたすらエジョンを支え続ける役で、押しが弱い人物ではありましたが、
ジンとの対比がすごく良かったと思います。
エジョンの携帯にジンから送られてきた写真、
ピルジュが消さないでくれて良かったです、ホント。
それでこそピルジュ、って感じ(笑)




紆余曲折を経てようやく付き合いだしたエジョンとジンだったが、
ジンは10年前に手術を受けて埋め込まれた人工心臓の調子が悪くなってしまい、
成功率わずか10%という難しい手術を受けなければいけない状態だった。
同じ頃、エジョンはまたしても世間の誤解を受け、
ジンが少しずつ回復させてくれたエジョンのイメージは
またしてもどん底に落ちそうになっていた。
ジンは、自分の死をエジョンのイメージ回復に利用するよう言うが、
エジョンがそんな提案を受け入れるはずはなかった。
が、ジンは自分の心臓手術をマスコミに公表することで
エジョンの窮地を救うのだった。


心臓手術は無事成功し、ジンはエジョンのもとに戻って来た。
が、二人の交際を公表すればジンの凋落は必至。
その状況は何も変わってはいなかった。
自分を捨てても恨んだりしない、とエジョンは言うが、
ジンは復帰後に収録したTV番組でエジョンとの交際を堂々と宣言。
プライドの塊のようだったジンは、エジョンと出会ったことで変わり、
仕事を干されたところで何ともなかった。
エジョンさえいてくれれば、それでよかった。


交際宣言後まもなく、二人は婚姻届を提出。
が、世間の反応は冷たかった。
  どうせすぐ別れるでしょ
  トッコ・ジン見損なった
ネットの反応はそんなものばかりだった。
しかし、ジンの所属事務所のムン社長は、稀代のイメージメーカー。
ジンが手術前に残していた動画を利用して、
彼のイメージを回復させることに成功する。
その動画は、ジンが万が一手術が失敗した場合のことを考え、
エジョンが自分の愛する人であったことを証明するビデオだった。
自分がエジョンを愛していること、
彼女が世間に思われているような人物ではなく素晴らしい人であることを、
ジンが自らの口で語っていた。


数年後、二人の間には可愛い女の子が生まれ、
エジョンもジンも仕事で大忙し。
相変わらず、スポーツ新聞に不仲説が出たりすることはあったが、
二人は幸せいっぱいに暮らしていた。


         ―完―


ものすご~くざっくりまとめると、こういうことでしたね(笑)
まぁ、何せこのドラマの良さはジンとエジョンを演じた二人の
演技の素晴らしさでしょうか。
特にトッコ・ジンは、チャ・スンウォンの演技が素晴らしかったからこそ、
あれだけ可愛らしく魅力的に見えたんだろうなぁと思います。
「クッポ~(克服)」が可愛くてしょうがなかった(^^)
ティントン(エジョンの甥っ子)やエジョンの父・兄、
同僚のカン・セリ、トッコ・ジンのマネージャー・ジェソク、そしてピルジュ、と
それぞれの魅力を発揮してくれたのも大きかったと思います。
特にティントンとジェソクはがんばってたな~(^^)
ジェソクの存在がまた、トッコ・ジンの魅力を引き出していたと思います。


途中、国宝少女の元メンバー・ミナに、
またしてもエジョンを楯にするのか!と腹が立ったり、
ピルジュの母親が、よく知りもしないのに、
エジョンのことを記者に悪く言ったりしたとき以外は、
ほとんど負の感情を抱くことなく見ることができました。
ま~、続きが気になっちゃって、
結局ほぼ二日で全部見ちゃいました(^^)

コン・ヒョジンさんが嫌いじゃなければ楽しめると思うので、
まだご覧になっていない方は、ぜひ☆


| 最高の愛 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。