10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2012-05-08 (Tue)
『女の香り(여인의 향기)』です


ヨンジェはジウクと共に地主のもとへ。
彼女のおかげで問題は解決し、計画は何とか軌道に乗ることに。
その帰り、ヨンジェはタンゴ教室の近くまでジウクに送ってもらう。
後をつけたジウクは、どうしてかヨンジェのことが気になってしまい、
次のレッスンから一緒にタンゴを習い始めることに。
二人は、タンゴの練習でお互いに触れ合うと、
周囲のことなど何も見えなくなってしまうような感覚になるのだった。


ジウクは、セギョンがヨンジェ相手に損害賠償請求訴訟を起こしたと知り、
何とかそれを思いとどまるよう説得しようとする。
が、セギョンは告訴を取り下げるつもりなどなかった。
どうにかならないものか…。
ジウクは何をしていてもヨンジェのことが気になるようだ。


20個のリストを着実に実行に移していたヨンジェは、
ジュンスのファンミーティングに参加したいという夢を叶えるため、
病院で知り合った患者仲間やウンソクの名前を借りて応募。
するとなんとウンソクの名前で当選してしまった。
ヨンジェは嫌がるウンソクを何とか説得し、二人でファンミーティングへ。
その舞台上でジュンスは、ファンミの後で自分と一緒に夕食を食べる相手として、
ウンソクとヨンジェのカップルを選んだことを発表する。
実はヨンジェは、応募の際にウンソクのフリをしてメッセージを書いていた。
それは、9歳の時から25年間片思いをしていた相手に病院で再会し、
彼女がジュンスのことを大好きだから、
病気の彼女の願いをかなえたくて応募した、という内容だった。
まさか読み上げられるとは思っていなかったヨンジェは驚くが、
驚いたのはウンソクも一緒だった。
これ、ウンソクは本当にヨンジェに25年間片思いしてたってことよね?(≧∀≦)
いや~こういうの好きだわ~(笑)



そのファンミには、実はジウクも仕事で来ていた。
当選したカップルとしてヨンジェを見たジウクは不機嫌になるが、
応募内容は作り話だったことを知るとニヤリ。
一方、ヨンジェは憧れのジュンスと二人っきりで食事ができて大満足。
ところが、家に帰ると衝撃的な知らせがヨンジェを待っていた。
裁判所から訴状が届いたのだ。
3億という大金を請求され、ヨンジェは開いた口がふさがらなかった…。


セギョン、ヤーね(´・ω・`;)
せっかく幸せに浸ってたのにね…。
でも、この回は可愛いジウクと可愛いウンソクを見られたので、
なかなかに満足でした!
イ・ドンウクなかなか良いな~(*´∀`*)
だけど、ヨンジェにハマってしまうと後がつらいのよねぇ…。
今のジウクが可愛ければ可愛いほど、後半見るのがつらくなりそう。


| 女の香り | COM(1) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。